ふじやん の 「作品集」 と ひとりごと   2007' 1.~
「キリンビール福岡工場」 の裏通りにある木工房 ”自・遊・木ふじやん”。 知る人ぞ知るこの場所は、緑豊かな中にある小さな工房です。 作品の紹介の他、日常の出来事などを紹介していきます。 ぜひ遊びに来て下さい。
プロフィール

脱サラ木工作家 <ふじやん>。 オーダーメイドにて大きな家具から 小さな小物まで、手作り工房にて 日々制作しています。     ログハウス横にある  手づくりウッドデッキぎゃらりーでは 皆様との出会いを楽しみにしています。 ぜひ遊びに来て下さいね。

ふじやん

Author:ふじやん
 ホームページにも遊びに来てくださいね。
木工房 “自・遊・木 ふじやん” ヨロシク。
下記のリンクからどうぞ。。。



ふじやんの想い~

木工房 “自・遊・木 ふじやん”の考え方などもっと知っていただく為に。。。



お買物は、こちらから~↓↓↓。



カテゴリー



Twitter



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無垢一枚板 ~ 割止め入れ(ちぎり)の紹介。~ 完成!
 今回は 割れ止め (ちぎり入れ) 工程の~ 完成まで を紹介します。 最後まで 有難う御座います。
前回、 ちぎりの 叩き込み(ボンド塗布 後) ~ つづきです。。。

ちぎり 叩き込み完了
 
ボンドの 乾燥まで触らなかった ちぎり 部分を確認します。 割れに上がってきた、ボンドを取り除きます。

後(あと)の 工程で、割れ部の中~、 面取りなどを 行いますが、 今回は、ちぎり(割止め) です。。



ちぎり部サンダー掛け
 

天板の面より 数ミリ高く残していた ちぎり部分を 仕上げて行きます。

先に、カンナ等で 出ている 部分を削ります。 その後に ベルトサンダーにて (写真) 天板の面と 
同じ面まで 削り合わせていきます。   ~ 同じ所ばかり 削っていると 面が 窪んでしまいます。  

~注意して下さい!!

ちぎり~サンダー掛け完了
 
こうして、 一枚板と 同面での ベルトサンダー掛けは 無事に終了です。

写真の通り、段差なく きれいに 削れました。 後は、この要領にて 必要な箇所に入れていきましょう。

ちぎり入れ~完了
 
必要な箇所に、 割れ止め(ちぎり)を 入れ終えたら、 一枚板の面の 研磨工程(仕上げペーパー掛け、荒め → 細かい)を 経て、塗装工程へ ~ ・ ・ ・ 。  

時間は 掛かりますが、 世界で ひとつの物を 作っています。

今回、 この工程を知って下さり、割れの 無い物が、良い物ばかりとは 限らない事 ~。 

“木”、本来の姿を 残した一枚板は、飽きる事の少ない、受け継がれるべき 一点もの ではないでしょうか。

         長くに、紹介しました。  見て下さり、 有難う 御座いました。  (木工房 ふじやん)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://fujiyangallery.blog89.fc2.com/tb.php/214-f87851d4



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。