ふじやん の 「作品集」 と ひとりごと   2007' 1.~
「キリンビール福岡工場」 の裏通りにある木工房 ”自・遊・木ふじやん”。 知る人ぞ知るこの場所は、緑豊かな中にある小さな工房です。 作品の紹介の他、日常の出来事などを紹介していきます。 ぜひ遊びに来て下さい。
プロフィール

脱サラ木工作家 <ふじやん>。 オーダーメイドにて大きな家具から 小さな小物まで、手作り工房にて 日々制作しています。     ログハウス横にある  手づくりウッドデッキぎゃらりーでは 皆様との出会いを楽しみにしています。 ぜひ遊びに来て下さいね。

ふじやん

Author:ふじやん
 ホームページにも遊びに来てくださいね。
木工房 “自・遊・木 ふじやん” ヨロシク。
下記のリンクからどうぞ。。。



ふじやんの想い~

木工房 “自・遊・木 ふじやん”の考え方などもっと知っていただく為に。。。



お買物は、こちらから~↓↓↓。



カテゴリー



Twitter



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



無垢一枚板 ~ 割止め入れ(ちぎり)の紹介。 その3
 今回も 割れ止め (ちぎり入れ) 工程の続き を紹介させていただきます。  
前回、 “ ちぎり 箇所を彫る ” ~ つづきです。。。

ちぎり彫り方 確認
 マーキングして 彫った 部分を確認する為に 割れ止め(ちぎり)を 合わせてみます。  

ここでは、まだ叩き込んではいけません。 ちぎりの約半分ぐらいで止めます。 叩きながら、入っていく
感じや 様子などをチェックします。  ~ そして、 一度 ちぎりを 外します。 

 なんといっても、手作りです。  世界で ひとつの モノづくり !   計算は合っていても、 実際には
違う事もたくさんあります。   そうした 一つ ひとつを、微調整 していくのです。   少し 削っては 
合わせてみて、また繰り返す、、、根気のいる 工程のひとつです。


ちぎり彫り方確認後~ボンド注入
 ちぎりの彫り形が チェック出来たら、 彫った穴に たっぷりと ボンドを付けます。  ボンドには水分が
あります。 この水分を 叩き込む ちぎりが 吸収しやすい様に、若干ですが 目荒しを しています。

~判りますか、写真のちぎり(リボン、ちょう型)が 毛羽立っているでしょう。 (ふじやんが してるだけです。)

ちぎりの上~当て木をする
 ここで 当て木 を行ってください。   最後の最後で ちぎりが 欠けたりとか、、ならない様に。。。


ちぎり 当て木の上~叩き込み
 ちぎりの上に置いた、当て木を 均等に叩きます。  もう気付いて おられる方もいるでしょう。。
叩き込む ちぎりの上部が約2ミリ程 出るように 彫ります。 (私は 最低でも 20ミリ彫ります。)

最後まで叩き込むためにも、必要でしょう。 ~あと 心配性の私は 底まで入ったかを 計算してしまいます。
ちぎり 叩き込み(ボンドはみ出し)
 叩き込んでいると、ボンドが 割れ部より 上まではみ出てきます。  これは ちぎりが彫り方の底まで 
入ったひとつの 証拠です。    この状態で ボンドの乾燥を 待ちます。 (強度が出るまで、、。)

今回は、ここまでです。  次回、 最後の仕上げ ~、を紹介しますので、待ってて下さいね。。。






スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://fujiyangallery.blog89.fc2.com/tb.php/213-413893e2



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。