ふじやん の 「作品集」 と ひとりごと   2007' 1.~
「キリンビール福岡工場」 の裏通りにある木工房 ”自・遊・木ふじやん”。 知る人ぞ知るこの場所は、緑豊かな中にある小さな工房です。 作品の紹介の他、日常の出来事などを紹介していきます。 ぜひ遊びに来て下さい。
プロフィール

脱サラ木工作家 <ふじやん>。 オーダーメイドにて大きな家具から 小さな小物まで、手作り工房にて 日々制作しています。     ログハウス横にある  手づくりウッドデッキぎゃらりーでは 皆様との出会いを楽しみにしています。 ぜひ遊びに来て下さいね。

ふじやん

Author:ふじやん
 ホームページにも遊びに来てくださいね。
木工房 “自・遊・木 ふじやん” ヨロシク。
下記のリンクからどうぞ。。。



ふじやんの想い~

木工房 “自・遊・木 ふじやん”の考え方などもっと知っていただく為に。。。



お買物は、こちらから~↓↓↓。



カテゴリー



Twitter



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



カウンター



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



天板です!
ちぎりも無事に入りました。

これより 研磨~研磨の工程です。



ベルトサンダーにて、粗いペーパーより、細かいペーパーへと。。。

仕上げサンダーに替えて、研磨の工程です。



そうした工程を経て、浮かび上がる木目なんです。

ここが適当だと、サンダーにて出来たスリキズは ずっと残ってしまったままです。
思いは繋げないと。。。デスね!

スポンサーサイト

割れ止め
銘木ともなると、樹齢が進むにつれて、木の面にも色々な杢が現れます。
時には、割れが入って成長することもあるのです。


それを生かすも殺すも作り手の責任だと思います。
こうした技法をちぎりといい、割止めの役割があります。


ボンドをたっぷりと付け、丁寧にたたき込んでいきます。
面とすり合わせて、研磨します。
手間を掛けて行くことで本当に良いものが残せていけるのです。


チギリ~割れ止め。(完成)
M宅~チギリ完了。

以前に、工程途中までを紹介してたつづきです。。。

~ 研磨の工程を終えて、塗装をしました! 、、、見事な木目です、、最高の瞬間です!!

こうして、いくつもの段階をえて、ふじやん作品は出来ています。 どうぞよろしく。


     【作品はこちら】 →  一枚板 手作り家具なら ぎゃらりーふじやん

     【ホームページ】 →  自・遊・木 ふじやん の ぎゃらりー 、、~ 手作りの良さ



チギリ~割れ止め。
以前より想っていた事が、~当工房にてお会いする方々は、色々な事を 良く知っている方が多いのです。

色々な工房を訪ねて、実際に見て、聞いてそれぞれの感想持っておられます。 時に、ヒントとなる事も、、!!
そんな事からか、どこにもない感じを求められる方が多いのでは、、と思います。

私の制作上、使う素材の姿を重視しています。 ~その為か、手作業でしか出来ない事が多いのです。

形の面白い一枚板を使う時、木目の多くは複雑に動いています、樹齢数十年~数百年にもなる木は、成長過程に
出来た、勲章みたいなものがたくさんあるのです。 これを、うまく生かして行きたいのですよねー!

手間が掛かって、当たり前です。 これがまっすぐだったら早いよな~、、なんて頭をよぎったりもしますが、
完成した時の存在感、まさに世界でひとつのものに 触れる事が出来るのです!
          チギリ~割れ止め。①
 
        以前、紹介記事 ⇒ 制作工程の紹介(割れ止め、チギリ入れ。)

これも1つですが、制作した作品の中でも割れ止めとして“チギリ”が入っているものを好まれる方が多いのですよ。
技術的に埋めたり、省いたりは、出来るものですが、自然の姿として残すのも大事だと考えています。
          チギリ~割れ止め。②

(写真)~これでチギリが入りました、そして割れ部の隙間をペーパーにて研磨するのです。
こうして、手間と時間をかけて 出来上がっていきます。  ~~~ 完成をお楽しみに。。。


       【作品はこちら】 →  一枚板 手作り家具なら ぎゃらりーふじやん

       【ホームページ】 →  自・遊・木 ふじやん の ぎゃらりー 、、~ 手作りの良さ


無垢一枚板 ~ 割止め入れ(ちぎり)の紹介。~ 完成!
 今回は 割れ止め (ちぎり入れ) 工程の~ 完成まで を紹介します。 最後まで 有難う御座います。
前回、 ちぎりの 叩き込み(ボンド塗布 後) ~ つづきです。。。

ちぎり 叩き込み完了
 
ボンドの 乾燥まで触らなかった ちぎり 部分を確認します。 割れに上がってきた、ボンドを取り除きます。

後(あと)の 工程で、割れ部の中~、 面取りなどを 行いますが、 今回は、ちぎり(割止め) です。。

[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。